自然にボリュームアップ。上級編

11

目の幅からはみ出した大きすぎるつけまつげや角度が上がりすぎて浮いていたり、アイラインがガタガタになっていたりするつけまつげは、不自然に見えます。つけまつげは不自然にならないよう仕上げることが大切。自然にボリュームアップする付け方はあるのでしょうか。
まつげをそのままの大きさで付けると、目尻からはみ出し不自然になるため、基本的にカットして使います。自然に仕上げたい時は、つけまつげを3分の2程度の大きさにカットして、目の中央から目尻にかけて使うか、ハーフタイプ、ポイントタイプのつけまつげを使います。のりが上手く付けられない時は、綿棒を使います。綿棒の先端にのりを付け、つけまつげの毛が付いている部分に付けていきます。目尻から2ミリメートル程度はみ出す位置につけまつげをセットして取れないように付けます。

つけまつげの色は、なるべくブラウンを選びます。ブラウンタイプはブラックと違って目立ちにくいので、とてもナチュラルな仕上がりになります。毛がまっすぐにのびているストレートタイプと交差しているクロスタイプがありますが、クロスタイプは、ボリュームが出すぎるためストレートタイプを選びましょう。

また、つけまつげには専用ののりをのせるワイヤーでできた根本部分があります。根本部分が透明のつけまつげを選ぶとより自然な目元に仕上がります。また、仕上げに使うマスカラも透明タイプまたはブラウンタイプを選びましょう。