つけまつげを付けるタイミング

つけまつげを付けるタイミングは、アイメイクの後です。詳しく流れを説明すると、アイシャドウ→アイライナー(ペンシル)→ビューラー→マスカラ→つけまつげの順番になります。つけまつげを台紙から外すとき、毛束をつかむと破損の原因になります。毛束全体を指のはらでゆっくりと押すようにはがすか、ベース部分をピンセットでつかんではがしましょう。つけまつげを付けた後は、つけまつげと自まつげをなじませるために、ビューラーでつけまつげと自まつげのカーブを揃えます。手のひらでつけまつげと自まつげを優しくつまんでなじませてもかまいません。最後にアイライナーでつけまつげのラインが目立たないようにカバーします。

つけまつげの前のアイライナーは、つけまつげを付けた後にもう一度付けることを考えて、軽めに付けておきます。横から見たときに、つけまつげと自まつげの角度がばらばらになって浮いたように見えるため、それを整える目的で、場合によってはマスカラを1度塗ります。つけまつげにマスカラが付くとつけまつげが劣化するため、つけまつげ販売のメーカーでは、マスカラは使わないほうがよいとしています。つけまつげを長持ちさせたいなら、マスカラの使用は控えましょう。
また、アイライナーも位置のずれやのりがはみ出してしまった場合の修正として使用します。特に気にならなければ、アイライナーは使わなくても問題ありません。アイライナーの種類ですが、つけまつげを付ける前は、ペンシルタイプ、つけまつげを付けた後はリキッドタイプを使用します。最初からリキッドを使うと、つけまつげの位置を再度調整した場合に、ラインがのりと一緒に剥がれ、メイクが崩れます。アイラインは、つけまつげの位置の目安になるためペンシルで薄く引いておきましょう。