つけまつげの手順をイチからおさらい

15

つけまつげを付けるための準備が整ったら、つけまつげを付けます。つけまつげを付ける手順は次のようになります。

・つけまつげをやわらかく曲げる
つけまつげを取り出したら、まぶたにそってフィットするようにつけまつげをやわらかく曲げます。つけまつげの両端を持ち10回程度カーブを付けます。または、綿棒につけまつげを巻きつけてカールさせます。
・目の上にあわせて自分の目にあうようにサイズを整える
つけまつげは、大きめに作られています。つけまつげの長さが目の幅とあうように、眉用のはさみでカットしましょう。カットせずに使うと目尻や目頭に食い込み目のトラブルを引き起こすこともあります。目尻側もしくは、目頭側のどちらかをカットします。
・つけまつげに接着剤(のり)を塗る
のりの水っぽい部分は捨ててから使用しましょう。塗りすぎないように注意しながら、つけまつげにのりを塗ります。手の甲に少し落としてから付けると、付け過ぎを防げます。先端で伸ばすように付け、取れやすい両端には少し多めにのりを付けます。
・つけまつげをのせる。
のりを少し乾かしてから、ピンセット、またはまつげクリップでつけまつげをはさみ、中央から目頭、そして目尻へ向かってつけまつげを付けます。自まつげよりも1ミリメートル程度上にのせます。あらかじめアイラインを引いておくとわかりやすいです。のりが完全に乾く前に鏡を見ながら、位置の微調整を行います。
・仕上げる
のりが乾いたら、指でさわり、つけまつげがしっかり付いているかどうか確認します。つけまつげと自まつげのカーブがあっていないと不自然に見えるためコームで自まつげとなじませます。また、のりがはみ出て、白っぽくなっている部分があれば、アイラインで隠します。ペンシルタイプはつけまつげがよれやすいので、リキッドアイライナーを使用します。