つけまつげには何が必要?準備編

つけまつげを付ける前に、まず必要な物を準備しましょう。必要な物は、つけまつげ・鏡・接着用のり・はさみ・ピンセットです。他に、つけまつげクリップなどの専用の道具があると便利です。
・つけまつげ
・鏡
・接着用(のり)
・はさみ
・ピンセット(つけまつげクリップ)
・ビューラー・アイライナー

「つけまつげ」は100円~数千円で販売されています。鏡は、三面鏡や拡大鏡がおすすめです。三面鏡は、いろいろな角度からメイクをチェックできます。拡大鏡は、目元が拡大されて見えるので失敗を防げます。つけまつげに接着剤は必須です。つけまつげとセットで販売されていることもありますが、付いていない場合は、別途用意しましょう。接着剤の種類もいろいろあり、付けた時に透明になるのりが一般的ですが、乾いた時に目立ってしまいます。黒いタイプののりも販売されているので、いろいろ試して一番あっている物を選びましょう。
はさみは、自分の目のサイズにあわせて切る時に使用します。眉用のはさみなど、小さなはさみを使いましょう。ピンセットは、まつげを付ける時に使います。つけまつげは小さいため指だと微調整ができません。つけまつげ用のピンセットも販売されています。つけまつげ用のクリップもつけまつげをはさむ道具で、クリップの先が柔らかい素材でできており、つけまつげを傷めないような作りになっています。さらに、自まつげとつけまつげをなじませるホットビューラーもあると自然に仕上がります。また、つけまつげを付けた部分を目立たなくさせるアイライナーも用意しましょう。